タオル工場見学 その2

藏堂スタッフの鶴田です。


今回は先週報告したタオルの工場見学の続きです。

※前回の記事はこちら



短い動画ではありますが、見学の様子をご紹介します。



工場の方の説明を聞くカシラ。




これはタオル乾燥の様子。

ローラー型の巨大なアイロンで乾燥させます。




カメラ撮影もしながら熱心に工場の様子を確認してます。




さて、   今回なぜタオル工場を見学したか?というと・・・これなんです。


そう、藏堂のオリジナルバスタオルを作りたかったからなんです。


藏家の木をふんだんに使った家にあうバスタオルがほしい。


そのために、

どのような場所で、どのような材料を使用し、どのような人たちが、どのように作るのか?

家もタオルも大切なことはきっと同じはず・・・

それで実際に工場を見学し、商品を作りました。



※下の写真をクリックすると商品をご購入頂けます。




藏堂の想いと、泉州の老舗工場の技術が詰まったタオルです。

この記事をご覧の方にはすでにお使いいただいている方もいるかも???


ちなみにわたくし鶴田も、カシラの居藏も愛用しております。




バスタオルには藏のオリジナルネームが1つづつ丁寧にミシンで縫い付けてあります。

このネーム・・・ じつはコーヒーで染めているんですよ!

そう、 以前に蔵の放課後という記事で紹介したコーヒー染です。




その時は失敗しましたが、その後も実験を繰り返し、きれいに染めることが出来るようになりました。



ピース!


ということで、藏堂が自信をもってお勧めするバスタオル。

ぜひとも使ってみてくださいね♪


0コメント

  • 1000 / 1000