木の家に似合うものを作ったり、販売したり、地元住吉区の名店を紹介したりしています。運営は大阪市住吉区の工務店「藏家」です。

【第8回  木工曜日】バターナイフ

居藏 宏幸
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
居藏 宏幸
藏堂堂頭  大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業後、 小さな工務店を4社ほど勤務 2010年 工務店 藏家 として独立 2013年 株式会社 藏家 に法人化 2015年 藏堂 事業開始
詳しいプロフィールはこちら

どうも、堂肩の鶴田です。

木曜日は・・・

木曜日 もく曜日 もこ曜日 木工曜

ということで木工曜日!!

前回は2度目のマイ箸作りをし、その完成度に感動しました。

あの日以降、自宅で毎日のように使っています。

ということで、今回も(おそらく次回以降もしばらく)

普段使いする食器関係に挑戦しましたよ。

さぁ何でしょうか?

何でしょうかーーーーー???

「記事タイトルでバレバレやないか・・・」

はい、バターナイフに挑戦しました。

先ずは鉛筆で形を決めて、この形に切ります。

っが!!

今回使用した栗が硬くて、この作業が大苦戦。。。

結構、危険な作業となるため慎重に糸ノコで切ります。

中島さんは凶器をつかってカットします。

それにしても何度見ても恐ろしい機械やわ。。。

確実に人を殺めることが出来る。。。

どうにかカットが出来ました。

並べてみるとこんな感じです。

さて、ここからは手作業です。

ナイフの部分を薄く削っていきます。

使用するクラフトナイフはもちろん、こいつら!

第3回で作ったクラフトナイフです。

先ずは真ん中に線をひいて、半分の薄さを目指します。

丁寧に、コツコツと、クラフトナイフを使って手作業で削っていきます。

作業に集中している表情作りがプロ級の居藏氏。

それにしても、この作業は中々つらい。。。

思うように削れない。。。

それでも諦めることなく、

コツコツと手作業で・・・

ウィーーーーーーーーーーーンッ!!!

ガリガリガリガリガリッ!!

え!?

文明の利器を愛する○藏氏。。。

あかんあかん!!

手作業に意味があるんやから!!

あっ!!

早い! そして滑らか~ん!

ついにここまで削れました!!

いや、削りました!!

最初の状態から3つ並べてみました。

例のごとく、最後はオイルフィニッシュ。

今回もなかなかの完成度!

カシラのナイフも完成です。

さすが、文明の利器を使用した完成度!!

バターを切りやすそうな仕上りです。

下がカシラで上が僕、作る人によって形が変わるのがいいですよね。

※一番上はおまけで作った匙(さじ)です。

最後は・・・

お約束の乾杯で終了!!

ということで、今回も満足度の高い結果になりました!!

来月は何を作ろうかなぁ~♪

木工曜日に参加してみませんか?

藏堂では木工曜日の参加者を募集しております。

参加費無料(〆の食事とお酒は割り勘です。)

興味のある方は是非ご連絡下さい。

info@kura-ya.net

この記事を書いている人 - WRITER -
居藏 宏幸
藏堂堂頭  大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業後、 小さな工務店を4社ほど勤務 2010年 工務店 藏家 として独立 2013年 株式会社 藏家 に法人化 2015年 藏堂 事業開始
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 藏堂 -kuradou- , 2016 All Rights Reserved.