木の家に似合うものを作ったり、販売したり、地元住吉区の名店を紹介したりしています。運営は大阪市住吉区の工務店「藏家」です。

【第12回  木工曜日】テーブル(前編)

居藏 宏幸
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
居藏 宏幸
藏堂堂頭  大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業後、 小さな工務店を4社ほど勤務 2010年 工務店 藏家 として独立 2013年 株式会社 藏家 に法人化 2015年 藏堂 事業開始
詳しいプロフィールはこちら

どうも、堂肩の鶴田です。

木曜日は・・・

木曜日 もく曜日 もこ曜日 木工曜

ということで木工曜日!!

突然のお知らせですが、

来年1月に開催されます CreemaParty2017 にオリジナルの木工雑貨を出展致します。

「CreemaParty2017」は主に関西で活動されるクリエイターさんや、作家さんなどが参加するイベントです。

クリーマクラフトパーティ2017|手作り・ハンドメイドの祭典

関西地区最大級のハンドメイドの祭典「Creema Craft Party」。アクセサリー、 ファッション、雑貨、インテリア家具など、全国3000名の作家・デザイナーによる手作りの品々がインテックス大阪に集結。

クリーマクラフトパーティ2017|手作り・ハンドメイドの祭典

そこで!!

鶴ちゃん、やっぱ藏グループとしては、

使用するテーブルとかも作るべきやで。

ということになりましたので、

今回はこれまでの小さな木工ではなく、2回にわけてオリジナルのテーブルを作ることにしました。

先ずは天板の作製です。

今回はこちらの古びた板で作ります。

形を整えるのですが、これは中島さんにお願いします。

どんなに慣れようとも、使用してはいけない危険な機械があるのです。

こちらの機械は安全カバーのある機械ですが、今はまだ使用するべきではないでしょう。

という事で、中島さんにお願いします。

柱を使って、真っすぐになったかを確認。

危険な作業ではないですが、精度の問題もあるため、中島さんにお願いします。

このように、隙間がなくなりました!!

次に、この2枚の板をくっつけます。

しっかりとくっつける為に、こちらの工具「ドナルド・トランプ」を使用します。

爆笑中、申し訳ございません。

ただしくは「クランプ」でした。

・・・

さあ、ここでついにイグドナルドさんの登場です♪

待ちに待った登場に、顔芸で答えるイグドナルドさん。

くっつける作業の話に戻りますが、板と板の間に・・・

このビスケットという材料を使用します。

ホンマにビスケットみたいですよね。

板の側面に、このビスケットを入れる穴を空けます。

先ずは中島さんにお願いします。

続いてイグドナルドさん。

今回は出番が少ないので、顔芸にも気合十分です。

穴を空けたら、木工ボンドを塗って・・・

合体!!

これに先ほどの「ドナルド・クランプ」を使ってしっかりと固定します。

合体場所から出てきたボンドを綺麗に拭き取ったら一旦作業は終了。

固定した状態で保管しておきます。

なんか蒲焼きみたい。。。

次は足部分の準備をしまっせーーー!!!

絶対に使ってはいけない機械登場。

猟奇殺人とかで登場しそうな機械です。

木の反りをチェックするイグドナルドさん。

カメラもしっかりとチェックするイグドナルドさん。

序盤にも登場した手押しカンナを使って形を整えます。

反りをとった後、カットします。

真剣なのか?真剣なふりなのか?

もはや解らないイグドナルドさん。

顔芸に対して真剣なことは確かなようです。

という事で、足の準備もほぼ完成!!

次回に続きますっ!!

この記事を書いている人 - WRITER -
居藏 宏幸
藏堂堂頭  大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業後、 小さな工務店を4社ほど勤務 2010年 工務店 藏家 として独立 2013年 株式会社 藏家 に法人化 2015年 藏堂 事業開始
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 藏堂 -kuradou- , 2016 All Rights Reserved.