木の家に似合うものを作ったり、販売したり、地元住吉区の名店を紹介したりしています。運営は大阪市住吉区の工務店「藏家」です。

【第14回  木工曜日】コースターと箸置き

居藏 宏幸
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
居藏 宏幸
藏堂堂頭  大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業後、 小さな工務店を4社ほど勤務 2010年 工務店 藏家 として独立 2013年 株式会社 藏家 に法人化 2015年 藏堂 事業開始
詳しいプロフィールはこちら

どうも、堂肩の鶴田です。

 木曜日は・・・ 

 木曜日 もく曜日 もこ曜日 木工曜

ということで木工曜日!!

前回、前々回はテーブル作りをしました。

※そういえばテーブル完成記事、そしてテーブルを使用した記事を書いてない。。。ですので近日書きます!

今回はタイトルにもありますように、コースターそして、箸置きを作りましたー!!

先ずはコースターですが・・・

偶然、ほんとうに偶然コースターにぴったりな端材を発見。

偶然ってすごいなぁ。汗

ただそのままの形だと何というか面白くないので・・・

先ずは「藏」の焼き印をします。

じゅっと焼きを入れます。

いつだって変顔を忘れないカシラ。

さすが文明の利器、きれいに焼きが入りました!!

次はカットするのですが・・・

今回はこのトリマーという機械をしようします。

それほど大きな機械ではありませんが、素人には危険度大!!

慎重に、慎重に作業します。

さすがに変顔禁止です。

このように、端がシュッとスタイリッシュ(もしかして死語?)になりました。

鶴田も挑戦したのですが・・・

スピードが遅かったのか、何か所か焦げてしまいました。

とはいっても、紙やすりで削れば大丈夫なレベルです。

ということで、きれいに磨きます。

最後はオイルフィニッシュ!!

オイルを塗ると、こんなにも雰囲気が変わります。

さて

お次は箸置きです。

こちらも適当な端材を見つけて・・・

先ずは鉛筆でデザインの下書き。

下書きにそって削ります。

下書き通りに削れたけど・・・

なんか思ってたのと違う。。。

「削るのが上達しても、

センスがないと意味ないからなぁ~」

隣からカシラがヤジを飛ばしてきます。。。

確かにこの変顔はセンスのかたまり。。。

大胆にデザインを変更することにしましたが・・・

なかなか答えが出ずに、削り続ける・・・。

マイケル・ジャクソンが整形を繰り返した理由がちょっとわかった気がする。。。

でもまあ、何とかそれっぽくなった。

終わりよければすべてよしということで・・・。

ちなみにカシラの作品はこちらです。

最後はいつも通り乾杯で終了!!

木工の腕を磨くのも大事だけど、デザイン力を身に着けるのも大事だなぁと感じた回でした。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
居藏 宏幸
藏堂堂頭  大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業後、 小さな工務店を4社ほど勤務 2010年 工務店 藏家 として独立 2013年 株式会社 藏家 に法人化 2015年 藏堂 事業開始
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 藏堂 -kuradou- , 2017 All Rights Reserved.