木の家に似合うものを作ったり、販売したり、地元住吉区の名店を紹介したりしています。運営は大阪市住吉区の工務店「藏家」です。

手ぬぐい工場見学 その3

居藏 宏幸
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
居藏 宏幸
藏堂堂頭  大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業後、 小さな工務店を4社ほど勤務 2010年 工務店 藏家 として独立 2013年 株式会社 藏家 に法人化 2015年 藏堂 事業開始
詳しいプロフィールはこちら

スタッフの鶴田です。

念願の手ぬぐい工場見学の様子をご紹介、今回がいよいよ最後となります。

※過去の記事は→

https://kura-dou.net/tenugui-koujou1/

 

https://kura-dou.net/tenugui-koujou2/

染め・洗い・乾燥が終わった手ぬぐいは、近所の小さな作業場へと運ばれます。

手ぬぐいの端をミシンで縫い合わせて、長~~~~~い状態にします。

ん!?

長い!?

長~~~~い

夜を~~~

(松山千春「長い夜」)

「ハイハイ、絶対にそうやと思ったわ。」

機械を使ってロール状にしていきます。

巻き終わったのがこちら。

巻き終えた後は・・・

ピチピチのお姉さんたちの手によって、規定の長さに揃えて行きます。

※実はこの仕上げの作業は現在、次の担い手がいない状態で、高齢者化が進んでいます。作り手・売り手の双方で取り組まなければいけない課題なのです。

さて、一見単純な作業に見えますが、この作業が実はめっちゃ難しいんです!!

揃え方が悪いと、手ぬぐいの模様の位置が狂ってしまいます。

規定の長さに揃えた後は・・・

両端をハサミで裁断してきます。

お見事!!

カットの後は・・・

プレス機でシワを伸ばします。

 

 

 

さて、念願の工場見学もこれにて終了ーーーー。

こうして出来上がった手ぬぐい。

別注商品はこのまま納品されたり、ブランド品はパッケージされて店頭に並んだりするわけです。

米という字は八十八と書く、八十八の手が関わるとも言われますが、やはり手ぬぐいも同じですね。

モノづくりの現場を見ると、たくさんの人の大切な仕事があって、手元にやってくるんだなと実感します。

「きみ、前と同じ事いうてないか?」

ますます手ぬぐいが好きになりました!!

大阪文化をもっと広めていくでーーーーーーーーー!!!

あ、そうや。

藏堂でも手ぬぐいを販売していますよ。

※GW明けに増加予定あり

この記事を書いている人 - WRITER -
居藏 宏幸
藏堂堂頭  大阪芸術大学芸術学部建築学科卒業後、 小さな工務店を4社ほど勤務 2010年 工務店 藏家 として独立 2013年 株式会社 藏家 に法人化 2015年 藏堂 事業開始
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 藏堂 -kuradou- , 2019 All Rights Reserved.